時子のパタゴニア便り

1994年パタゴニア アンデス山脈の麓の村の5’5ヘクタールの土地に移住。ささやかな自然との暮らしの中で感じた事を書いていきます。

1周年記念

5月9日

この日はバターくんが突然我が家にやってきた記念日です。

1年前のこの日、友人達と焼き物の窯焚きをしていました。我が家のワンコ達がワンワンと騒いでいたので行ってみると、訪問者の周りを我が家の3匹のワンコ達に混じって、バターがいました。

今まで一度も見たことのない子だったけど、バターがあまりにも自然に我が家のワンコ達に溶け込んでいたので驚きました。

最初は一日中いることも少なく、夕方には姿を消していました。また数日来ない日もありました。ご飯も可哀想だったけどあげませんでした。首輪はしていませんでしたが、どう見ても野良さんではないので居ついてしまって本当の家族を心配させたくなかったからです。

でもワンコの食事時に一緒に待っているようになり、愛おしくて少なめにご飯をあげるようになってしまいました。

年末頃には、1日の殆どを我が家で過ごすようになり、ご飯もしっかりあげるようになりました。ただ週末には姿を見せない日もあって、きっと本当の家族と週末だけ一緒に過ごしているんだろうななんて思っていました。

3月レンガのストーブを作りました。その時、入り口は開けっ放しにして作業をしていました。するとバターが初めはおずおずとでしたが家の中に入ってくるようになりました。

そして次第にごく当たり前のように、作業している私達の側で寝て過ごすようになりました。

そうなると、もう会えない日があると心配で心配でたまらなくなりました。

今では夜も家の中で寝ています。

本当の家族には申し訳ないけれど、「バターは大切なうちの子、大好き。居なくならないでよ。」と毎日言って聞かせています。別に閉じ込めたり繋いだりして行動を制限しているわけでは無いので、帰りたければ自由に帰れます。月に2回くらいは半日姿を見ない日もあります。

 

唯一のオス大将くんは、時々牙をむいて怒りますが、バターは争いを避け離れて行きます。喧嘩にならないように細心の注意を払い、大将が嫉妬しないように気にかけています。

 

他人から見たら何でもない退屈な話かもしれませんが、私はバターや大将、悟り、ホセフィナとの生活が、幸せで楽しくてたまりません。

私にこんなにも幸せをくれる犬達。

私はみんなに何かお返しできている?

 

今一緒に居られる事、掛け替えのない時間。大切に味わって行きます。

 

4月の終わりに雪が降り、あまりにも早い冬に驚きましたが、翌週は汗ばむような陽気に。

雪でポプラや果樹の葉は落ちましたが、南極ブナが今まで見た事がないほど鮮やかな赤色に染まりました。

新しいレンガの薪ストーブは、いつまでも温もりが残り快適です。暖かい冬を過ごせそうです。

 

 

一番人気の犬ベッドを独り占め

 

また会おうね。ありがとう。

猫の福は私の自慢でした。

「この子、もうすぐ20歳になるんだよ」と言うと、誰もが驚きました。

それは福が毛もフサフサで、しゃんとしていて、かわいい声で鳴いて、撫でると物凄く大きなゴロゴロ音を響かせて、歯もほとんど揃っていて、どこからどう見ても20歳になる猫には見えなかったからです。

最近は1日のほとんどを寝て過ごしていましたが、気が向くと膝に乗ってきたり、お腹が空くとかわいい声で催促してきました。

束縛されるのが嫌いで、無理に抱っこをするとシャーと怒って飛び降りました。爪切りも一苦労でした。

猫用出入り口を作って、自由に外に行けるようにしていました。

それでネズミをわざわざ家の中に運んで来て、時々逃げられて大騒ぎになったり、朝起きたら鳥の羽が部屋に氾濫していて真っ青になったり、3ヶ月家出して帰ってこなかったりと今なら笑える出来事も数多くあります。

犬達のように私にべったりではなかったし、付いて回ることもありませんでしたが、私のパタゴニアでの暮らしの大切な相棒でした。

 

突然何も食べなくなって、水ばかりを飲むようになって、決して失敗したことなかったのに、お漏らししてしまうようになりました。

それでもそんな状態で1週間私の側に居てくれました。可愛い声も、ゴロゴロ音も聞けなくなったけど、苦しそうに呻くことも、痛がることも、徘徊することもありませんでした。

 

私はただ薬草水で湿らせた脱脂綿で顔を拭いてあげ、薬用cannabisを口に含ませてあげることしか出来ませんでした。

病院に連れて行くことは考えませんでした。

福は車が大嫌いだったし、強制的に何かをされる事も嫌がったし、もし連れて行っても、点滴をうつくらいしか方法は無いと思ったからです。

動物はきちんと自分で逝く時を知っているから、私が何も決めることは出来ないし、邪魔してはいけないと思いました。

 

福を埋めてお別れしても、涙は出ませんでした。

まだ早いよ。一緒に20歳の誕生日をお祝いする約束したじゃない。そんな思いもありましたが、それ以上にありがとうと言う気持ちで心がいっぱいで、若い頃のように、もう会えないんだと悲しくて大泣きすることはありませんでした。

今は会えないけど、私がそっちの世界に行くのは、遠い夢のような時間では無いと実感できる年になったからかもしれません。

 

また会おうね。

またグルグル音聞かせてね。

一緒にいてくれてありがとう。

こんな優しい気持ちにさせてくれてありがとう。

楽しかったね。

大好きだよ。

 

私と最後の時を過ごし、看取らせてくれて本当にありがとう。

 

福のように逝きたい。

福のように優しい気持ちを残して行きたい。

そして何よりも福のように生きたいと思います。

 

 

 

 

福のお気に入りの場所

主のいない場所

 

セマナサンタ

セマナサンタ  日本ではまだあまり馴染みがないですが、復活祭とかイースターとか言うのでしょうか?キリスト復活を祝う日です。

 

移住したての約30年前、エルボルソンは山間の鄙びた静かな村でした。

光都市バリローチェ間は約130kmありますが、当時は舗装道路もなく対向車とすれ違うのも怖いくらいの狭いガタガタ山道が続いていました。

2時間半以上かかった道も今は国道が完備し、渋滞のある夏の観光シーズンを避ければ1時間あれば行けるほど近い隣町になりました。

またエルボルソンの街も、舗装道路は少なく、信号もなく、大きなスーパーもありませんでした。馬に乗った人や牛車もいました。

その古き良き時代?には、このセマナサンタの週は肉屋から肉が消え、魚を売っていました。初めての年、肉食の国アルゼンチンで肉を売らないと言う日があることにひどく驚きました。

のどかな田舎町では、宗教的習慣が残っていたのです。

家庭では何日も前から卵の中身を抜き、代わりに甘くしたピーナッツを入れて閉じ外側に色をつけたり模様を描いたり、ロスカと言う大きなドーナツ型のフルーツケーキを作ったりしていました。

 

今では肉屋から肉がなくなる事はありませんし、スーパーやお菓子屋には卵型やウサギ型のチョコレートやロスカが綺麗に包装され売っていて、手作りする人もほとんどいません。

セマナサンタは夏の観光シーズン最後の掻き入れ時です。日本と違い、セマナサンタの三日間は祝日です。昔のような宗教的雰囲気はなくなり、すっかり商業的行事に変わりました。

 

私にとっては車と観光客の多い街が静かになる最後の祝日という事で、毎年ホッとした気持ちになります。

 

パタゴニアは綺麗な秋を迎えています。今年は山の紅葉が例年より少し早く、鮮やかな気がします。山は南極ブナが紅く染まり、里は防風林として植えられているポプラが黄金色に輝きます。風が吹くたび葉が舞い落ちて、朝と夕方では景色が変わってしまうほど変化が早いです。

 

また今年もアンデスの山の紅葉を見る事ができた。

農場に舞い落ちた黄葉の葉をカサカサ踏んで歩く事ができた。

パタゴニアの季節の移り変わりの中に、私も参加できた。

 

今ここにいる自分を少し不思議に感じます。そしてそれ以上に今ここにいられる自分を幸せだと感謝しています。

 

 

 

 

f:id:nojomallin:20220415224302j:plain

街の景色

f:id:nojomallin:20220415224509j:plain

街のもみじ

 

もう秋です

f:id:nojomallin:20220331030209j:plain

馬も舗装では膝を痛めそうで可哀想です

f:id:nojomallin:20220331030503j:plain

パタゴニアでは梅の実は実らないので、プラムで梅干しを作ります



雨が上がってみると、アンデスの山が雪化粧していました。快晴ですが、吹く風が肌を刺す様に冷たい訳です。

もう4月。里のポプラが黄金に輝き、山の南極ブナが赤く色付きます。美しい秋の到来です。

 

今年は林檎の実が1つも付きませんでした。農場には種類の違う30本以上林檎の木があるので、どんなに不作の年でもゼロという事はありませんでした。我が家の林檎の木は、殆どが種から育ったもので、剪定も施肥もしていない野生の林檎です。

去年は大豊作で収穫したものを一つ一つ紙に包んで箱詰めし、12月位まで食べていました。勿論ジャムも、薄切りにした乾燥林檎も、酢も作りました。酢は想像以上に美味しく出来、今年も仕込もうと思っていたので残念です。

プラムは数本の木に実がついてくれて、なんとか3キロくらい収穫できました。

梅干し(プラムボシ)にしました。

去年味噌を卸しているお店に試供品として持って行ったら注文が入る様になり、今年も持って来てとお願いされていたので、ゼロでは無くてホッとしました。でもボランティア用のジャムは作れませんでした。

あと2週間ほどしたら菊芋を掘ろうと思います。菊芋の味噌付けは私は大好きなのですが、他の人にはあまり人気がありません。菊芋はどんな年でも収穫があり、とても強い植物なので、根気よく普及に努めたいと思います。

 

時間が流れて行きます

月日がどんどん過ぎて行きます

世界がめまぐるしく変わっています

 

そして私自身も変化しています。

出来なくなったことも多くて、不便なことも増えたけど、嬉しいことや心安らぐこともいっぱいあります。

微笑むことができる自分に、今の暮らしに感謝します。

それだけで十分なんだと思います。

 

私が住むマジン地区の周遊道路も、半分が舗装に変わりました。夏の砂埃問題や、ガタガタ道での車の故障が減り喜ぶ人が増えましたが、今度はスピードを出して走る車の騒音に悩まされることになりました。

私の家は周遊道路の真ん中あたりにあり、良くも悪くもあまり影響はありません。

残り半分の舗装も数年のうちに実行されるでしょう。

車が走りやすくなり、砂埃の問題も解決しますが、私は舗装には賛成できません。舗装にするために木が切られ、車がスピードを出して走る様になって野うさぎや鶏、犬猫たちの交通事故、車同士の事故が増えました。

でも舗装を止める事は出来ません。今は写真の様な標識があって、マジン地区らしい雰囲気を残しています。でもきっと何年かのちには、馬で移動する人もいなくなっていくでしょう。

 

「昔は良かったなあ」なんて言う年に自分もなりました。でも無理してでも「将来が楽しみだな」と言おうと思います。粗探しは簡単です。でも心は晴れません。それならば心が喜ぶ事を見つけそれを磨いていこうと思います。

何よりも、今ここにいる自分を楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、怖い。

2月に日本の友人から、「日本は寒いので、南半球の夏の暖かい話題を楽しみにしています。」とメールがありました。ところがその日から夏には珍しい雨が続きました。水不足と旱魃での山火事の心配をしていた住民にとっては待望の恵みの雨でしたが、気温がグッと下がりストーブを焚く日が続きました。

数日前からまた快晴の日に戻りましたが、夏から一気に秋に突入してしまった様で、暖かい話題とは無縁になってしまいました。

山の紅葉にはまだ早いですが、我が家のライラックの葉は深いえんじ色に変わり始め、今年は収穫ゼロだったリンゴの木の葉も黄色くなって、日が当たると周りの空気を黄金に染めています。

 

世界は相変わらず心が硬くなってしまう出来事ばかり起こります。

地球はいつか生命を育む事が出来なくなると思っていましたが、それはまだまだ先の遠い未来の実感の無い思いでした。けれども最近、世界の終わりが私のこの世界の最後と同じ時だと感じてしまいます。

だから益々、ここにずっと居たい。ここで共にに生きてきた命たちと最後まで一緒に過ごしていたい。と思います。

「今」という時を、とても貴重で愛おしく思います。

 

ところで

私はせっかちで並んでまで何かを手に入れたいと思いません。ですから人気のお店や美味しいお店には入った事がありません。生活必需品の買い物でも空いている朝一番に行って必要なものだけ買ってさっさと済ませています。

ところがこの2年、レジで距離をとって待たなくてはいけなくなりました。以前ならレジ前の空間で前の人にくっつく様にして1人か2人待つだけだったのが、今は同じ人数でも2メートルの距離の印があり、商品棚の通路で待つ様になりました。

以前は絶対行かなかったコーナーで待つ事もあります。

先日は子供のおもちゃのコーナーで順番を待ちました。なんだか新鮮でキョロキョロ見渡しました。面白かったです。面白いというよりもギョッとしたという方が正しいかもしれません。

お人形の雰囲気。これを子供が喜んで抱っこして可愛がるのかと不思議に思いました。嫌にリアルで可愛いより怖いと感じました。

縫いぐるみは大好きでかなり大きくなってからも名前をつけ側に置いていました。でも人形を可愛がっていた記憶はありません。だからでしょうか?どんな人形を見ても、欲しいとか可愛いとは思えません。

それにしても、アルゼンチンと日本ではいろんな感覚が随分違うんじゃないのでしょうか。日本の大人は子供にこのお人形をプレゼントしようと思うでしょうか?

 

どちらにしても、このお人形を抱きしめた子が、その思いを懐かしく思い出す時まで、幸せな時間がずっと流れていって欲しいと願わずにはいられません。

 

煉瓦暖炉が完成しました。煉瓦に熱が残り火は消えても温かさが残ります。

冬が楽しみです。

 

 

 

f:id:nojomallin:20220314063755j:plain

結構なお値段なんですよ

f:id:nojomallin:20220314063902j:plain

いい感じです

 

待望の暖炉

f:id:nojomallin:20220227203333j:plain

作業中


ウクライナとロシアで戦闘が始まった様です。

詳しい事は分かりませんが、気持ちが沈んでいます。

両国の友人知人は居ませんし、パタゴニアからは遠い遠い殆ど縁のない国です。それでも、今この瞬間にも多くの市民が着の身着のままで隣国へ避難しようとしているのかと思うと、世界はどこまで壊れていくんだろうと情けなくなってきます。

世界情勢とか政治経済の事は分からないし、自然災害を含め世界中であまりにも多くの事が起きていて全てに実感が無かったけれど、今回のこのニュースはとてもショックで恐ろしいと感じています。

 

それでも私の日常は変わりなく続いています。本当はいろんな事が変わってきているのだけど、「大丈夫、平気」とそれに自分を慣らして過ごしています。

 

さていよいよレンガの暖炉作りが始まりました。5日間で写真のところまで進みました。

材料を買い運ぶことはしましたが、私は作業には参加せず昼食とおやつ作りと後片付け掃除に精を出しています。

毎日8人分の食事作りはなかなか大変ですが、例えお世辞であっても「美味しい」と言ってもらえるので励みになります。

薪準備の野良仕事は大好きで、農場には整理しなければいけない立ち枯れの木も多くあります 

が、気持ちと体力、能力がどんどん離れているのも事実です。それで薪消費が少なく、熱効率の良いレンガの暖炉を作ってもらうことにしました。

暖炉の中には空室があって温まった空気が巡回する仕組みです。冬は冷蔵庫の様に寒かった隣接のシャワー室(トイレ)も温められる工夫がしてあります。

規制の形や物ではなく、私の身長、豆腐や味噌作りの作業効率を考慮し、冬、寝た後の夜も暖かく、猫の福も幸せでいられる我が家に合った暖炉を設計してもらいました。

 

週末の土日は休みで、月曜日からまた作業が始まります。多分今週中には完成して試し焚きができる予定です。

私は自分では何も出来ないけれど、困った事や希望を口に出す事で、物事は進み形になっていくんだなあと感じています。

人に頼るのは罪悪で、恥ずかしい事だと思う部分が大きかったけれど、「私じゃ出来ません。どうしたらいいと思う?助けてください。力を貸してください。」と素直に口に出しても良いんだと気付きました。

その代わり自分にできる最大の事をして、心から感謝して、貰った恩を次に送っていけば、自分だけでなく周りの道も開け物事がどんどん好転して行くと思いました。

 

動けるうちに、話せるうちに出来る事をしていって、気持ちよく後に残るものたちにバトンタッチしていきたいと考えています。

 

 

 

f:id:nojomallin:20220227203054j:plain

暖炉の焚き口部分。奥にオーブンを作ります。

 

大丈夫。どうって事ないよ

 去年の今頃は大規模な山火事で、煙で町が霞み、山の中腹からはのろしのように煙がいくつも立ち昇っていて、焼け付くような太陽見ながら、恐ろしさや悲しさなど、どうしようもない焦燥感で一杯でした。

今年は相変わらず雨は降りませんが、去年の様な息苦しさは感じません。このまま何も起こらず秋を迎えて欲しいです。

 

暖炉作りも具体的に進み始めています。耐火煉瓦や耐熱の扉も揃い、去年引っ越してきた日系人の家族が、暖炉作りの経験を兼ねてと手伝いに来てくれることになり、長年愛用した調理用薪ストーブの下取りも決まり、中旬には始められそうです。

想像以上に材料費がかかってしまい蓄えゼロになりましたが、空っぽになれば新しく入ってくる楽しみが倍増する気がしています。

子供の時から貧乏性で、手に入れた物をなくす恐怖がいつも有って、自分の物は自分だけの物、みんなと分け合って楽しむという心のゆとりは全く持ち合わせていませんでした。

私の基準は損か得かだけでした。誰に聞いても、若い頃の私の印象は「ドケチ」が一番初めくるでしょう。

この土地で暮らし多くに人に出会った事で少しは変わることが出来ました。

執着を無くしてゼロになってこの世界を卒業していきたいと思います。手放せる事も沢山有るけれど、まだまだ執着して手放せない事もあります。今後の自分の体調や生活の糧の

f:id:nojomallin:20220210022601j:plain

あははは〜


不安も、ないと言えば嘘になります。

それでも「何とかなるし、何とかするから大丈夫」と笑え、解決を見つけ進み、私がいなくなった後も豊かに続いている農場を想像出来る自分がいます。

人から見たら変ですが、「私って凄い!」と最近よく思います。

 

ブエノスアイレスの友人を通して知り合った新しい友人。

彼がブエノスに帰る前に、私にアプリでスタンプを作ってくれました。随分若いけど、似てると思います。

いろんな場面を作ってくれましたが、私の一番のお気に入りを載せます。

No pasa nada は何でもないよ。なんて事ないよ。大丈夫。という意味だと解釈しています。

 

恐竜に咥えられて絶体絶命の状況でも、笑いながらそう言える自分でありたいと思っています。

たとえ食べられても、美味しかった?と笑える。

もし吐き出されても、いい経験ができたと笑える。

本当は友達になりたかったんだと恐竜に言われ、私もだよと笑える。

 

そう。

人生は何があっても大丈夫。全部いい経験なんだと、この先も笑って言い続けることができる様に、自分を磨いていきたいと思います。

f:id:nojomallin:20220210022745j:plain

杖をついても歩き続けます