時子のパタゴニア便り

1994年パタゴニア アンデス山脈の麓の村の5’5ヘクタールの土地に移住。ささやかな自然との暮らしの中で感じた事を書いていきます。

たまごちゃん

 

月日が瞬く間に過ぎて行きます。もう2月も半ば。あっという間に夏も終わってしまうのでしょう。

去年は書き初め、餅つきや味噌作り講習会、かえる池、バイオトイレ作りなど、仲間たちと色々とイベントを企画実行しました。学生の頃の私を知っている人達からしたら、臆病で人前に出る事が出来なかったあの頃の私と結びつかないと思います。

周りの環境、側にいる人によって、人は良くも悪くも変わっていくんだと感じます。

 

今年は体調が急変した事や、薪の蓄えが無くなってしまった事もあって、イベントは豆腐作り講習会を晩春に一度しただけで、ボランティアさんたちには薪準備を主にしてもらいました。

お陰で薪も準備でき、ゆとりある冬を迎えられそうです。

 

でもこのまま引退してしまうのも残念なので、3月すももが熟し始めたら、参加自由、無料で、一緒にすももでの梅干し作りを体験してもらう「梅干し作り体験会」をしようと考えています。

幸い我が家の至る所に生えているすももは鈴なりに実をつけています。

 

私は物忘れが酷いので、必ずタイマーを使います。5年前日本で買ってきたタイマーが壊れて使えなくなってしまいました。

日本でのアマゾンに当たるメルカードリブレでタイマーを探しました。

値段もお手頃だし、単純な機能で私向きだし、早速購入手続きを始めました。ところが、本体は安いのに、送料が本体より高いのです。安い物なので送料無料にはなりません。

そんな…という事で地元のお店で購入する事にしました。

ところが、おもちゃ屋、文房具店、電化製品店と、売っていそうなお店を回ったのですがどこにもないのです。

スマホ普及で、今時そんな物使う人は居ないからですしょうか。

でもばあちゃんの特性でか、私はスマホを利用するのがあまり好きではありません。きっといろいろな機能を持っていて、使いこなせば便利なのでしょうが、操作する手間を考えると頭が痛くなるし、特に必要も感じません。

折角あるタイマー機能も使いません。私はやっぱりタイマーだけのタイマーが好きなのです。

最後に雑貨屋に行って、「タイマーは有りますか?」と半ば諦めて聞いたら、なんと!「有るわよ」という返事です。

やった~!暑い中お店を回った甲斐がありました。

お店のおばさんが「確か、棚の一番上にhuevito(可愛い卵、卵ちゃん)があったはず」

そうして出してくれたのが、卵型のタイマーです。

知っているタイマーとはかけ離れていたので、かなり面食らいました。

値段を聞くと、このご時世でえっと言うくらい安かったのにも驚きました。

勿論購入しました。

この卵ちゃん。年取った私でも見たことのない代物で、一回最後まで回して(ゼンマイを巻いてという事なのでしょうか?)1分刻みの目盛りに合わせるのです。秒単位なんて無理です。適当。大雑把。正に私向き。

しかもジリリリと言う音がいいのです。

 

勿論名前は(卵ちゃん)です。なんだか直ぐに壊れそうで、毎回緊張しながら使っていますが、大切な可愛い私の相棒になってくれました。

物を減らしてシンプルに生きようと思っていているのに、スマホでできるタイマーを買ったりして、私は矛盾しています。

これからは本当に気に入った物だけを大切に、出来る限りシンプルな暮らしを心がけたいと思っています。

 

ありがとう農場インスタグラムで

 
iPadから送信

たまごちゃん

月日が瞬く間に過ぎて行きます。もう2月も半ば。あっという間に夏も終わってしまうのでしょう。去年は書き初め、餅つきや味噌作り講習会、かえる池、バイオトイレ作りなど、仲間たちと色々とイベントを企画実行しました。学生の頃の私を知っている人達からしたら、臆病で人前に出る事が出来なかったあの頃の私と結びつかないと思います。周りの環境、側にいる人によって、人は良くも悪くも変わっていくんだと感じます。

今年は体調が急変した事や、薪の蓄えが無くなってしまった事もあって、イベントは豆腐作り講習会を晩春に一度しただけで、ボランティアさんたちには薪準備を主にしてもらいました。

お陰で薪も準備でき、ゆとりある冬を迎えられそうです。でもこのまま引退してしまうのも残念なので、3月すももが熟し始めたら、参加自由、無料で、一緒にすももでの梅干し作りを体験してもらう「梅干し作り体験会」をしようと考えています。幸い我が家の至る所に生えているすももは鈴なりに実をつけています。

私は物忘れが酷いので、必ずタイマーを使います。5年前日本で買ってきたタイマーが壊れて使えなくなってしまいました日本でのアマゾンに当たるメルカードリブレでタイマーを探しました。

値段もお手頃だし、単純な機能で私向きだし、早速購入手続きを始めました。ところが、本体は安いのに、送料が本体より高いのです。安い物なので送料無料にはなりません。

そんな…という事で地元のお店で購入する事にしました。

ところが、おもちゃ屋、文房具店、電化製品店と、売っていそうなお店を回ったのですがどこにもないのです。スマホ普及で、今時そんな物使う人は居ないからですしょうか。

でもばあちゃんの特性でか、私はスマホを利用するのがあまり好きではありません。きっといろいろな機能を持っていて、使いこなせば便利なのでしょうが、操作する手間を考えると頭が痛くなるし、特に必要も感じません。折角あるタイマー機能も使いません。私はやっぱりタイマーだけのタイマーが好きなのです。

最後に雑貨屋に行って、「タイマーは有りますか?」と半ば諦めて聞いたら、なんと!「有るわよ」という返事です。

やった~!暑い中お店を回った甲斐がありました。お店のおばさんが「確か、棚の一番上にhuevito(可愛い卵、卵ちゃん)があったはず」

そうして出してくれたのが、卵型のタイマーです。

知っているタイマーとはかけ離れていたので、かなり面食らいました。値段を聞くと、このご時世でえっと言うくらい安かったのにも驚きました。勿論購入しました。

この卵ちゃん。年取った私でも見たことのない代物で、一回最後まで回して(ゼンマイを巻いてという事なのでしょうか?)1分刻みの目盛りに合わせるのです。秒単位なんて無理です。適当。大雑把。正に私向き。しかもジリリリと言う音がいいのです。

勿論名前は(たまごちゃん)です。なんだか直ぐに壊れそうで、毎回緊張しながら使っていますが、大切な可愛い私の相棒になってくれました。

 

物を減らしてシンプルに生きようと思っていているのに、スマホでもできるタイマーを買ったりして、私は矛盾しています。

これからは本当に気に入った物だけを大切に、出来る限りシンプルな暮らしを心がけたいと思っています。

 

ありがとう農場インスタグラムです

もしよろしければご覧ください

https://www.instagram.com/chacraarigatou?igshid=MTNiYzNiMzkwZA%3D%3D&utm_source=qr 

 

 

 

 

これから出来る事

 

ここ数日30度越えの暑い日が続いています。湿気がないので木陰や室内では過ごしやすいですが、カリカリと照りつける太陽は外にいると、直ぐに日射病になってしまいそうです。

 

米ドル生活者にとってはアルゼンチンは物の値段の安い国ですが、私達には値上がりに収入が追いついていかない、とんでもない国になってしまいました。

先日ガスが無くなり空ボンベを持って買いに行きましたが、入り口に貼られた値段を見て度肝を抜かれました。25日前は10kgで3750ペソ

そして昨日はなんと8000ペソ。いきなり100%以上に値上げです。

全てのものがじわじわとではなく、いきなり値上がりします。それなら私が卸している豆腐や味噌もそれに合わせて値上げすればいいのかもしれませんが、気持ち的にそれが出来ずに困っています。それにもししたら、誰も買わなくなってしまうかもしれない恐怖もあります。

現状を見極めながら、周りに流されず、出来るうちは自分の気持ちを大切にしていこうと思っています。

 

私は最近、見ず知らずの人から時々声をかけられる様になりました。

10kg近い豆腐をお店まで運んでいる時。

銀行など人がいっぱいの待合室で。

車の多い道を歩いている時。

 

「どこまで行くんですか?持ちましょうか?」

「良かったらここに座ってください」

「何かお手伝いします」

声掛けだけでなく、小走りに先回りして店のドアを開けてくれる人もいます。

 

自分で一生懸命普通に歩こうとはしていますが、やはりふらふらヨタヨタは目立つようです。

でも声をかけてもらったら、恥ずかしいと思うよりも、その人たちの思いやりに身体中が温かく嬉しくなります。そしてそうやって自然に声をかけられる、自然に手助け出来る優しさを羨ましいと思います。

 

私は力もあり元気だった若い頃、自分の事しか見えてなく、誰かの為に何かをさり気無くしてあげることが出来ませんでした。

大げさに構えなくても、声を掛けるだけで良かったのにです。

 

今はもう、助けてもらうだけで、誰かの為に自分が手伝えることは無くなってしまった事が残念です。

今の私に出来ることって何だろう。

与えてもらった優しさを、どうしたら他に送っていけるんだろう。

いつも考えます。

 

この先自分が言うのと同じくらい、ありがとうと言ってもらえるように、今の自分にできることを見つけていこうと思います。

 

冬籠りの為の薪作りに励んでいます。今年は後半になって力強いボランティアさんが来てくれて助かっています。いろんな出会いがあり面白いです。いつまでも人生を楽しんでいたいと思います。

 

 

ありがとう農場インスタグラムです

もしよろしければご覧ください

 

https://www.instagram.com/chacraarigatou?igshid=MTNiYzNiMzkwZA%3D%3D&utm_source=qr 

 
 



どこへ行った!私の免疫力

あなたの長所は何ですか?

若い頃から一番苦手な質問でした。

特技もなく、続けている趣味もなく、目立った才能も何も無く、根暗でいじけた私は、自分の長所 なんて有りはしないと決めていました。

ですから履歴書など書かなければいけない時、「体が丈夫で力持ち」と記していました。健康と書くと、心身ともに朗らかと言うイメージでそれは嘘になるなと 思って書けませんでした。

実際若い頃から 免疫力が強く、寝込むような病気をした事はありませんでしたし、酪農家で働いていた頃は30kgの飼料袋など、難なく運んでいました。

パタゴニアに来てからは、偏頭痛も鼻炎も無くなり、丈夫な体に益々磨きがかかりました。

 

ところが、1月5日に冷たい雨が降り気温が一気に下がった日、大風邪を引いてしまいました。毎朝3:30に起きて3回豆腐を作るのですが、頭痛と発熱のだるさとで続けられなくなり、初めて豆腐作りを放棄して寝床に戻りました。

8:00には空気を読まない我が家のワンコたちが お腹すいたと騒ぎ出したので、根性で起き出しご飯をあげました。6日の土曜日は日系会の新年会。餅つきをする約束をしていたので、具合が悪いからと休むわけにはいきませんでした。幸い日系人 日本人のボランティアが居てくれたので、車の運転だけして会場まで臼と杵を運び、後は全てお任せしました。

持ち寄りでご馳走が並んでいましたが、卑しい私が、何も口にすることが出来ませんでした。

みんなが餅つきをしたり、会食をしながら話したりしていても、家のソファでぐったりと休んでいました。

餅つきは思いのほか喜んでもらえて、良かったです。くるみあん、あずきあん、黒ごまあん、海苔と醤油などを用意してくれたお陰で、2キロ用意したもち米も、結局残らずみんなの胃袋の中へ収まりました。

 

あれから1週間近く、体調は相変わらずです。今は咳と鼻水がひどく、これは回復への兆候だと勝手に決めています。

豆腐作りをしながら、マテ茶を飲むのが毎朝の習慣でした。「マテが今日も美味しい」が私の健康バロメーター。具合が悪くなると、美味しいどころか、飲む気力も失せます。

今はまだ飲む気が起こりません。

一日15時間近くは寝ています。

 

唯一の長所 体が丈夫が危うくなってしまったけれど、ひょっとすると、まだ私の気づかない本当の長所が現れて来ているのかもしれません。

無理せず焦らず不安にならずに、私のペースで進んでいこうと思います。

 

 

ありがとう農場インスタグラムです

もしよろしければご覧ください

 

https://www.instagram.com/chacraarigatou?igshid=MTNiYzNiMzkwZA%3D%3D&utm_source=qr 

 

 

 



なんくるないさ

ボランティアを受け入れる季節になって、毎日慌ただしく過ごしていました。

ふっと気づくと2023年も終わろうとしています。

 

2024年に日本へ行くと以前からいろんな人に宣言してきました。

最後に日本へ行ったのが5年前。日本でなければできない手続きがあり、その期限が2024年2月なので、声に出して言う事で実現に向けて進んで行こうと思っていました。

ところが体調が悪化、今の状態ではとても1人で長時間移動出来る状態では無くなり、行くぞ!と言う気持ちが日々萎んできてしまいました。

どうにかなるさがモットーだった私も流石に心が折れかかっていました。

そんな時、自転車で世界を回った日系二世の男性が我が家にボランティアでやって来ました。彼は日本語も堪能で、私の子供の年齢といってもおかしくない36歳の若者ですが、本気で本音を言い合える関係が直ぐに築けました。

機械や自動車に詳しく、農業経験もあり、チェーンソーを使ってずんずん薪準備もしてくれました。私の体調不良も見て見ぬ振りをする訳でも無く、過度に心配するわけでも無く、「転んでもいいけど、怪我だけはしないように」と私がリラックスできる言葉で気遣ってくれました。

新しい見方や考え方を示してくれて、心が折れる前に又毛が生え始め、元の図太さに戻ることが出来ました。

 

以前見た夢を思い出しました。

狭い木の柵の中に閉じ込められ、身動きも出来ない状態で焦っていたけど、ふっと上を見たら、屋根が無く開けていたのです。それで「ああ、ここから出られるんだ」とホッとしたところで目が覚めました。

八方塞がりでどうにもならない時でも、落ち着いて周りを見回せば、必ず解決方法は見つかるんだと思ったのです。

今回も同じ。この先どう解決していくかまだ分からないけど、どうにかなるさと思えるようになりました。

なんくるないさ

沖縄移民の子供である彼が教えてくれた言葉です。なんとかなるさ。

彼の好きな漢字は「危機」。それは危ないこと(困難)は好転する機会だから。

 

日本行きはもう少し先になりますが、必ず実現します。そして残りの時間は大好きなこの場所で、自分らしく生きていこうと思います。

 

彼が私に問いかけた言葉。

時子さんはこの先、何を目指しているの?何をしたいの?それ以外に大切な事ってある?

 

そっか、目指すものがあるんだから、それ以外は大した問題じゃないんだ。悩む事なんて全然無いんだ。

漠然とした夢では無く、誰にでもはっきり伝えられる言葉を見つけようと思います。

 

笑っていれば なんくるないさ

目指すものを見続けていれば なんくるないさ

恩送りしていけば なんくるないさ

感謝があれば なんくるないさ

 

いい一年が過ごせました

新しい年も笑って過ごします

まだ半分ですが、今期のボランティアは良くも悪くも度肝を抜かれることが多いです。

そのお話は次回にします。

 

今年最後のブログです。

皆さまありがとうございました。

2024年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

ありがとう農場インスタグラムです

もしよろしければご覧ください

 

https://www.instagram.com/chacraarigatou?igshid=MTNiYzNiMzkwZA%3D%3D&utm_source=qr 

豆腐講習会

3日日曜日 豆腐taller(講習会)をしました。

豆腐の作り方教えてと言う人は多く、今までは無料で個別に教えてあげていましたが、色々忙しくなったことや、体力的、経済的にきつくなって来たこともあって、それならきちんと準備して講習会をしようと思いました。1月2月に味噌講習会をしたら好評で、私も楽しかったし、1回の予定が希望者が多くて3回開催した事も自信につながりました。

募集したらあっという間に定員になって、3回は開催する事になると思っていましたが、いざ蓋を開けてみると、定員割れの5人しか集まりませんでした。しかもその内の2人は豆腐作りよりも、何年ぶりかに私に会いに来てくれるのが目的の180km離れた町に住む友人でした。

豆腐作りは麹から作る味噌と違って、覚えたら直ぐに家で出来るので、手作りの出来立て豆腐を食べてくれる人が増えたら嬉しいと思っていた分少し拍子抜けした感じはありました。

でも少人数だからこそ、和気あいあいと楽しく過ごすことが出来ました。

最初に私が説明しながら豆腐作りを実演しました。そして湯気の出るほかほか出来立て豆腐をみんなで試食しました。

豆腐は作ってからどのくらいで食べられるの?

と熟成期間が必要だと思っていた人が意外と多くびっくりしました。

温かい豆腐なんて初めてという人ばかりで、「美味しい美味しい」とパクパク食べていました。

落ち着いたところで2回目。

これは私は一切口出しせず、みんなに作ってもらいました。今さっき実演を見たばかりだけど結構忘れているもので、手順を一つ飛ばしそうになって、私の「ビッ、ビー」と言うペナルティーが出て、あわててノートを見直すと言う場面もありました。

集まったのは初顔合わせの人ばかりだったけれど、皆直ぐに打ち解け、ずっとの友達のように冗談を言いながら楽しく作っていました。

こんなアルゼンチン人の明るく人懐こい所は羨ましい限りです。

 

豆腐作りの後は、豆腐を澱粉でまぶし、揚げ、それに醤油と砂糖と酢を合わせた甘酢あんを絡めた、私流いい加減適当豆腐料理を作りながら紹介しました。

 

そして試食会。

豆腐を味噌に漬け1ヶ月寝かせた味噌豆腐。

作った甘酢あんかけあげ豆腐。

凍豆腐の天ぷら。

おからコロッケ。

おからせんべい。

作りたて豆腐の醤油かけ。

バナナ入りの豆腐アイスクリーム。

 

あまり日本的な豆腐料理ではありませんでしたが、新しい食べ方として紹介することが出来たと思っています。

 

子供の頃から人が苦手で、目立つ事が嫌いで、いつもその他大勢の中に紛れていました。

また、何でもしてくれる姉がいたこともあって、料理のお手伝いとかした事がありませんでした。食に興味も無く、インスタント、大量生産の市販のお菓子好きでした。

料理は相変わらず苦手ですが、そんな私がお婆ちゃんと言う年齢になって、味噌や豆腐作り講習会を企画実行し、それを楽しいと思えるのですから夢のようです。

 

人は、生き物はいくつになっても変われるし、新しい事を始められるし、自信を持てるし、新しい発見があるし、自信を持てるんだと実感しています。

 

「元気ですか?」

「大丈夫?」

と聞かれたら、笑って「ありがとう。元気元気。大丈夫!」と答えられる自分でいようと思います。

 

玄関横のスイカズラの花が、甘い香りを漂わせています。美しい季節です。

 

Instagram // chacuraarigatou

こういう事もあるのよね〜

ボルソンの町にはガソリンスタンドが4つあります。以前は同じスタンドを利用していましたが、ここ数年は気分と道順で他のスタンドも利用する様になりました。

その日は友人の家から近かったので、以前よく利用していたスタンドへ行きました。

行くと、初めて見る女の子がやって来ました。

いつも通り

「común lleno (普通のを満タンね)」と頼みました。

何時もならそれで満タンにしてくれ料金を払って終わりになるのですが、その子は

「何リットル入れますか?支払いはカードですか?現金ですか?」と聞いてきて、ああこの子は新人だなあと直ぐに分かりました。

アルゼンチン人らしく、人の話は聞かないで自分の話だけするタイプらしく、めんどくさいと思いながら質問に答えました。

最後に「súper 」と言ったけど、意味がわからず、めんどくささも手伝って「はい」と言ってしまいました。

彼女が給油を始めたのですが、バックミラーで何気なく見ると、ディーゼルではなくガソリンを入れているのです。

ええええ~‼︎

慌てて車から降り、「何を入れているの!」と叫ぶと、先輩従業員がやって来て直ぐに給油を止め、彼女にこれはディーゼル車。ここ(給油口の所)に書いてあるでしょ。と、注意しました。

彼女は別段慌てる様子もなく、だってこの人がsúper (スーパーガソリン)って言ったんだもの。と私のせいにしました。

それからの先輩の対応の早かったこと。私の車の後ろに赤いポールを立て、他の車が並ばない様にして、細いホースを持って来て給油口に突っ込みチュパチュパ(なんて言うんでしょう?)で中のガソリン入りディーゼルを抜き始めました。

入れたガソリンは16リットルでしたが、車のタンクには8割近くディーゼルが入っていて、全て抜くのに1時間近くかかりました。

抜きながら先輩従業員が「あの子は新人だから」と庇うので、「ガソリンスタンドで働いている人が、こんなミスをするなんて信じられない。」と言い返すと、「こんなことよくある事だから。全然問題ないから」と平然と言うのには驚きました。でもあの対応の早さを考えるとあながち嘘とも思えませんでした。因みに抜き取ったディーゼルをどうするのか聞いてみると、「大きなタンクに戻す。混ざったのが少しだから問題ない。」とごく自然に当たり前に答えたのでまたまたびっくりでした。

起こった事をぐちぐち言っても仕方ないし、喧嘩にならずに文句を言うだけの語学力も会話能力もないので、私がアルゼンチンを甘く見た所為だと諦めました。

ところが、やっと空になって、ディーゼルを満タンにした後、そのスタンドの主人らしき女性がやって来て、私に全額料金を請求したのです。

これには流石に腹が立って、「何で私が払わなきゃあいけないの」ときつい口調で言うと、「だってあなたが彼女にsúperって言ったからでしょ。あなたのせいです。」と言われてしまいました。

ああそうですか。と言えるほど私は心が広くありません。

「私は最初にちゃんとcomún (いつもの)と言いました。それに無駄な時間を費やした。第1こんなミスを従業員がするのは有り得ない」と滅茶苦茶なスペイン語でまくし立てると、こいつは厄介なやつだなと思われたのか、それじゃ彼女の給料から引くと割とあっさり引き下がりました。でも後味が良くないし、狭い街の事。後々尾を引くのも嫌だったので10リットル分だけ払いました。

帰ってから大急ぎでディーゼルにガソリンを間違えて入れた場合どんな問題が有るのかネットで検索してみると、驚いたことに多くの記事がありました。

私の場合、気がついてエンジンをかける前に全て抜き取ったので取り敢えず特に大きな問題はない様でした。

たまたま日本人の男性あったので尋ねてみると、「ああ、日本でも良くあるよ」と言われ、ひどく驚きました。

 

日本でもアルゼンチンでもずっと車にはお世話になって来ましたが、こんな問題があるなんて夢にも思わなかったです。いい勉強になりました。

 

今回の教訓。

めんどくさくても煩がられても、きちんと言葉は確認する。スペイン語の勉強をする。

あのガソリンスタンドにはもう決して行かない。だって混合燃料を平気でタンクに戻し、それを客に給油しているのだから。

 

パタゴニアは冬に逆戻りしたように寒い毎日です。日本と季節が逆なので、寒い日本から暖かいパタゴニアの便りを楽しみにしていてくださる方もいるのに、セーターを着て薪ストーブを焚く日が続いています。