時子のパタゴニア便り

1994年パタゴニア アンデス山脈の麓の村の5’5ヘクタールの土地に移住。ささやかな自然との暮らしの中で感じた事を書いていきます。

希望に出会う

f:id:nojomallin:20210508075628j:plain

幸せの情景

 

突然 冬がやって来ました。

待望のまとまった雨が3日続いた後、抜けるような青空が広がる快晴に変わりましたが、気温はマイナスに下がり、霜で真っ白になる朝がやって来ました。

まだ5月の初めだと油断していたので、この寒波には体も心も驚いています。

畑には取り残したキャベツやふだん草が、木には取りきれなかったりんごがバリバリに凍っています。

夜に凍った大地が日中の太陽で表面だけが溶け、ズルズルヌルヌルのぬかるみになってしまいます。

アンデスの山は見事に紅葉して、雪のベールをまとっています。でも里の黄葉した木々は、どんどん葉を落とし、寂しい風景に変わっていきます。

 

ここ数年私が気になっているのは、以前は当たり前に群れをなして農場にいた野鳥がいなくなってしまった事です。朝ワンコ達のご飯や木に残ったりんごをついばみに来ていた賑やかな小鳥達の姿が消えてしまった事は、寂しさよりも不安を感じます。

ただハチドリはやって来て、バルルルと見事な羽音をさせて飛び回ってくれています。それは嬉しい光景です。

 

今年の冬は暖かいと言う人と、厳しい寒さになると言う人がいて、さて?どんな冬になるのでしょうか?

私はなんとなく、乾いた凍りつくような冬が来るような気がしています。

 

先日エルボルソンの街を歩いていたら、面白い看板をみつけました。

「KIBOU」 希望?

なんと素敵な名前。スピリチュアル的なお店か講習会の宣伝かな?と思ってよく読んでみると、コピーとか印刷関係のお店でした。アルゼンチン人の友人にスペイン語でKIBOUという言葉の意味を聞いたら、それはスペイン語じゃないよとの返事でした。

それじゃやっぱり「希望」だと思いました。

店まで行って話を聞くほどの好奇心や行動力もないので、どんな意図でそう名付けたのか分かりませんが、アルゼンチンのパタゴニアの小さな街でこの言葉に出会った事が嬉しかったです。

 

こんな世界に変わって、大きな抗えない歯車に巻き込まれていくような恐怖を感じていましたが、どんな時にも、どんな状況の中でも希望はあって、それは人が前に進む力になっていくんだと思います。

私は今ここにいる、ここで生きている、そんな奇跡を感謝して楽しんでいこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nojomallin:20210508075322j:plain

 

パタゴニアの秋の中で

「ああ綺麗だな」

1日に何度も声にでます。

 

パタゴニアは日に日に秋が深まっています。

アンデスの山頂も南極ブナの紅葉が始まりました。里では防風林として至る所に植えられているポプラが、透き通るような明るい黄色に変わりました。

りんご、プラム、さくらんぼの果樹や柳やリラや楓や西洋ニワトコの葉が深い黄色や紅色や鮮やかな赤に変わり、農場を秋色に染め上げています。

そして風があると葉が踊りながら散っていきます。その時、シャラシャラと歌います。一瞬小川が流れる音に聞こえます。

犬達がかくれんぼしていても、積もった落ち葉を踏むカサカサという乾いた音で直ぐに見つけられます。

秋には色と音があるのです。もちろん秋の香りもあります。

 

毎年毎年繰り返される風景ですが、毎年毎年その美しさに新鮮な感動を覚えます。

 

今年はりんごの大豊作でした。引っ越した時農場で、たった一個だけりんごが実りました。それは世界一美味しいりんごでした。そしてその時、いつか食べきれないくらいのりんごをこの農場に実らせたいと思いました。

「芽を出せ、大きくなーれ」と25年間種を蒔き続けました。

今農場には30本以上の実のなるりんごの木があります。不作の年でも必ず何本かの木には実りがありました。

そして今年はすべてのりんごがたわわに実りました。手入れも何もしない殆どが種から育ったりんごです。野生のりんごと言っても間違いではないでしょう。実は小さいですがみんな活き活きしています。友人がジュース用に、保存用に拾いに来てくれました。300kg近くを持って行ってくれましたが、まだまだ木にはりんごが残っています。誰かにお裾分け出来るくらいになりたいと言う長年の夢が叶いました。

 

薪ストーブも毎日つけるようになりました。炎を猫の福や犬の悟り、大将、フィナと静かに見つめる至福の時を過ごしています。

 

世界はコロナだ、ワクチンだと騒がしいです。

日本政府は放射能汚染水(処理水とは思えません)を海に流すと決めたようです。

未だにオリンピックにしがみついています。

 

自然は美しく優しいのです。そして人はその自然の一部でしかないのです。私はそう思います。

いろんな考えがあって、いろんな生き方があって、いろんな価値観があって、人それぞれです。

それをきちんと認めながら、誰もが今を楽しい、幸せだと思える未来を築くにはどうしたら良いんだろう?なんてパタゴニアの片隅で考えています。

 

 

 

 

 

f:id:nojomallin:20210423222532j:plain

家の前の姫りんご

f:id:nojomallin:20210423223017j:plain

町の楓

 

心配は心の無駄遣い

4月が始まりました。

朝は8時を過ぎても日が登らず、薄暗いです。

ワンコ達の体内時計は夏時間のままらしく、8時前にはご飯を欲しがりますが明るくなる8時半過ぎまで無視しています。

そろそろ朝晩は薪ストーブが恋しい季節になりました。

 

今年はボランティアも去年の3分の一ほどしか受け入れず、日本語教室も休講のままでした。

薪準備は遅れていますが、気分的にはのんびりと過ごせました。

山火事の多い夏でした。

雨が降らず、あちこちで水が枯れ水不足になっています。

それでも果樹が大豊作です。プラムもリンゴも取りきれず、木の下は果実のジュータンが出来、甘い香りを漂わせています。

 

ここに住み始めてからずっと、朝夕犬達と30分かけて農場を回っていました。農場といっても殆どが自然林の残る林で、水路が通り、上り下りの多い土地です。

季節季節の山菜やキノコを探し、薪になりそうな立ち枯れの木を見つけ、果樹の季節には食べながら、あちこちに種を放り投げました。

犬達が後になり先になり、自由に走り回ってついてきました。猫やひよこから育てた鶏が一緒だった時もあります。

それは私にとっては大切な1日の始まりと終わりの習慣でした。

ところがここ数年、最初に夕方の散歩が無くなりました。そして朝の散歩も距離が半分になり、最近では水タンクの確認に家の周りを歩くだけになってしまいました。

理由はいろいろありますが、一番大きいのはやはり体調の問題です。転んで怪我をすることだけは絶対に避けたいので、坂の多い林の獣道を歩くのが困難になってきたのです。

次は隣人が増え、犬達がお隣に入ってしまう心配です。鶏や羊を飼っている人が多く、それを襲う犬や狐は簡単に撃たれたり、罠にかかったり、毒エサを食べさせられたりします。

 

農場を散歩を兼ねて見回る事をしなくなるなんて想像もしませんでした。何があるかわからないアルゼンチン。大袈裟に言えば不法滞在されているかもしれないのです。

でも見回らなくなってみると、予想に反して心が柔らかくなっていきました。悪い想像にかられ人を疑い、変に緊張していた自分が恥ずかしくなりました。悪い想像は悪い現実しか招かないと気づきました。

林の木々達に挨拶できなくなったのは寂しいですが、いつだって心は彼らの中へ飛んでいけます。一緒に生きていると実感できます。

最近は、どうやってこの農場を、自然達を次に手渡していこうか?と言う事を考えます。

後は野となれ山となれ、と自分のいなくなった後はどうでもいいや、とは思えません。

今までずっと私を守り支えてくれ、一緒に成長してきた農場の命達を、愛し大切に思ってくれる人達に手渡していきたいのです。

 

出来なくなったことが増えた分、心のゆとりや人を信じる気持ち、認める気持ちが出来てきました。そして今ある自分を素直に受け入れていくこともできるようになりました。

 

ここは特別美しい場所ではありません。目を見張るような景色もありません

でも最近「素敵な農場だね」「気持ちがいいね」と言ってくれる人が増えました。

それが嬉しくてたまりません。きっとそう感じられる人たちが集まってきたんだと思います。

 

久しぶりに夕方空を見たら夕焼けが綺麗でした。

農場の果樹やライラック、柳達の黄葉が始まりました。

ハチドリも家の周りを元気に飛び回り始めました。

命があふれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nojomallin:20210406065333j:plain

スモモとライラック

 

見えない力こそ

見えないもの

形にならないもの

数字で表せないもの

科学的に証明できないもの

 

私はそう言うものを大切に思い信じています。特にパタゴニアで暮らしていく中で、世界規模の大きな力での情報操作を感じ、常識とか先入観の恐ろしさを知りました。本当は知らない方が楽だけど、それは幸せじゃないと思っています。勿論人の意見を聞く事、世の中の流れを見る事は重要です。でも判断は自分でしなければなりません。ですから自分の直感や気持ちを磨こうと思っています。

 

ぶれない心を持つ事はまだまだ出来ませんが、それでも以前よりずっと自分に自信を持てるようになりました。

 

さて、

引き取った子犬の大将と悟りも8ヶ月を過ぎ大きくなりました。申し訳なかったですが、避妊も去勢も済ませました。

今、物凄く元気エネルギーがあります。個性もはっきりしてきました。少しは落ち着いて私の言う事も聞けるようになりました。

ここに来てくれてありがとう。一緒に生きてくれてありがとう。笑わせてくれてありがとう。元気をくれてありがとう。といつも思います。

先輩のフィナとも仲良く、楽しく暮らしていると思っていました。ところが2月の終わり、突然悟りが居なくなりました。

午前中外で薪準備をしながら一緒に過ごし、お昼に犬達は昼寝をしていたので、私一人で家に入りました。

午後外へ出てみると、悟りだけが居ません。我が家では犬達は繋がれる事なく自由に走り回っています。でも何時も私の側にいて、例え出掛けても直ぐに戻って来ていました。

その時はあまり気にしませんでしたが、夕方になっても帰って来ません。流石に心配になって農場内、いつも悟りと行く場所を名前を呼んで探しましたが見つかりませんでした。

鳴き声もしません。

翌朝薄暗いうちに不安と期待で玄関を開けましたが、やはり悟りだけいませんでした。

その日から不安で泣きそうになりながらも、気持ちを明るく持とう!いい想像だけして信じて待とうと過ごしました。

今までの私ならそうして何時迄も待つだけでしたが、今回は2日目に友人達に悟りの写真を送り、「居なくなって探している、見かけたら知らせて。」とwhatsApp(日本のLINEのようなもの)を送り協力を呼びかけました。

みんなから直ぐに「見かけたら連絡する」「近くを探してみるね」「きっと見つかるよ」と返事をもらいましたが、有力な情報はありませんでした。

翌日「どう?見つかった?」と一人の友人が連絡をくれました。「まだ見つからない。」「それなら私の入っている村のグループにも情報を流して協力を呼びかけてみるよ。」「ありがとう」

藁にもすがる思いでした。

悟りは可愛らしく(親馬鹿ですが) 、人懐こく、誰にでも付いて行ってしまうところがありました。車に乗るのも大好きだったので、迷子と間違われて連れていかれたのかもしれないという思いもありました。どんな情報でも欲しいと思いました。

 

けれども何の進展もなく一週間が過ぎました。無理して「帰ってくる!」と思い込もうとしましたが、正直諦めてもいました。怪我や病気で帰れなくなったのではなく、いい家族に迎えられたんだと思って自分を慰めていました。

ところが一週間後

夕方家にいると、ガリッと扉を引っ掻く音がしました。家に入りたい時、悟りがする事です。

まさか!

でも他の子が悟りの真似をしただけかもしれない。

ドキドキしながら扉を開けました。

そしてそこに、当たり前のように家に入れろと座っている悟りを見ました。

毛もツヤツヤで、怪我もなく、怖がっている様子も全くありません。

お帰り

大声で言いながらも、目の前の光景が信じられませんでした。有り難くって嬉しくって涙が出ました。ぎゅうと抱くと、悟りの香りと温もりが伝わってきました。

 

みんなに「帰って来た!奇跡だ。」と連絡をすると、早速「おめでとう、良かったね」と続々と返事が届きました。

 

そして思いました。

悟りを呼び戻してくれたのは、目には見えないみんなの気持ちだったんだと。諦めて何もしなかったら、きっと悟りは戻ってこなかったんじゃないかと。

 

子供の頃から、助けてと言うのは恥ずかしい、甘えた事だと思う気持ちがありましたが、そんな事は全然ないのです。苦しい時、困った時にそれを声に出す事は大切な事かもしれません。

何とかしてよ。どうにかしてよ。と人任せにするのは間違いだけど、声に出す事で別の知恵を授けて貰うことや、今回の様に力が集まって事態が好転する事が一杯あると思うのです。

 

そして私も、誰かの、何かの為の見えない力でありたいと強く思いました。

 

山火事の多い夏です。やっと大きな山火事が収まったと思ったら、隣町で放火原因の山火事が起きました。7箇所から出火した火は、風向きが変わって市街地を襲いました。

300近い家族が全てを失いました。

友人に直接被害はありませんでしたが、友人の娘さん家族とか、友人の友人が焼け出されました。続々と支援が集まっていますが、失ったものの大きさを感じ言葉がありません。

 

 

 

 

 

 

f:id:nojomallin:20210321002633j:plain

この悟りの写真をみんなに送りました

f:id:nojomallin:20210321003315j:plain

大将と悟り

 

ホップの香り

暑い暑い日が続いています。

雨が全く降らなくなり、いつもなら車道の真ん中に草が伸びて、車高の低い車で来る友人が迷惑がっていましたが、今年はその草も枯れてしまっています。

湿気が殆ど無いので早朝は肌寒く、日中は焦げつく暑さです。

 

私の住むエルボルソンは、ビールの原料のホップの産地です。スペイン語ではルプロと言います。

我が家にもルプロの株があり、放ったらかしにしていますが、春に芽を出し、蔓が伸びて花をつけます。今年はあまりの乾燥で殆ど目立ちませんが、枯れきってしまう事はなく、また来年には芽を出します。

 

ここへ来た頃は、自然の物をなるたけ食べたいとせっせと野草を摘んでは調理していました。

 

私には少し厄介な持病があり、その病気を克服して活躍しておられる森美智代先生の著書を数年前に読んで、考え方がガラリと変わりました。

子供の頃から疑いもしなかった栄養とか、1日三食という事に疑問を持つ様になり、普段は一人という事もあって、殆ど手の込んだ料理は作らなくなりました。

そういう訳で、以前はホップの新芽をおひたしや天ぷらにしていましたが、ここ数年は食べていません。でも季節の恵みを感謝する意味で、初物は頂かなきゃと反省しています。

 

ホップのことに話を戻します。

利益を追求して栽培する場合、化学肥料や農薬を使っているようですが、家庭で楽しんで栽培するときはそんな事しません。気候と土壌がホップにぴったりなのか、湿気があり、気温が我が家より高い地区では何もせずに、大きくて綺麗なホップを育てお茶用に収穫しています。

先日も友人の家に行くと、大きなホップの花を乾燥させていました。あたりにプンプンホップの香りが漂っていました。

私は体質的にお酒が飲めず、飲みたいとも思いませんが、お付き合いでグラスに半分くらいのワインや日本酒は楽しむ事が出来ます。ところが、ビールだけはどうしても飲む気になれません。炭酸と、ビールの苦さが苦手なのです。

汗をびっしりかいた後のビールは最高だ!という人が多いですが、ゴクゴク飲むと姿を見ていると、こちらの喉がチクチク痛くなってお腹が張ってきます。

 

という訳で地ビールの産地にいながら、飲み比べた事もなく、何が何だか全然分かりません。観光客が増えてから、それに正比例するように地ビール銘柄も増えました。 でも一番のこだわりは(儲け)なので、大量生産できるよう原料は買っている所が多いように思います。

ここでは結構ビールを家庭で作っています。作る人は自分が楽しみたいので売ってはくれません。そういうビールはきっと美味しいでしょう。

麦芽から手作りしたら、最高に美味しいビールが出来ます。ビール苦手の私が美味しいと思ったのは、後にも先にもその一杯のビールだけです。

でもそれだけ美味しくても、もう一度作ろうという気にはなれないので、私はやっぱり怠け者で面倒くさがりで、ビールが好きじゃ無いんだと思います。

 

写真はホップ農場です。夏の終わりに蔓で伸びたホップの株を根本から刈り取って収穫します。でも翌年はまた残った根から伸びて行きます。どうやってホップの花だけを機械で摘み取るのか聞こう聞こうと思いつつ未だに実行していません。調べてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nojomallin:20210307225909j:plain

友人宅のホップ

f:id:nojomallin:20210307230207j:plain

ホップ栽培農場

 

エコって何だろう?

10年近く前、町に再生エコハウスが出来ました。

ペットボトルにビニールゴミを詰め込んだ物を土台に埋めその上に家を建て、壁は乾草やおがこ、砂を混ぜ込んだ粘土(土壁)で、外の階段や花壇などは古タイヤを利用していたり、ガラス瓶を明かり取りにし、屋根はトタンの代わりに土をもり、そこで草やイチゴなどを育てる方式の、今こちらでブームの資源再利用の家でした。

でもゴミの上に住むなんて体に悪そうとか、屋根を土にするのは夏暑すぎて植物焼けそうだし、水やりするのかなあ?なんか無駄のような…とか、自然利用って言ったって、大量に使う粘土を他所から持ってくるんだし、と、見学してみたい気は有りましたが、大きく心を揺さぶられるような関心はありませんでした。

 

数年前からエコホステルを始め、予約がなかなか取れない人気宿になりました。そうしてますます見学の機会が無くなりました。

 

ところが、豆腐がきっかけでその管理人カップルと仲良くなり敷地をくまなく案内してもらう機会に恵まれました。

 

そして私が抱いていた偏見や批判の気持ちに変化が起こりました。

確かのプラスチックゴミとか古タイヤとか体に悪そうだけど、じゃあそれを再利用しなかったらどうなるの?

パタゴニアでは再利用施設もゴミの完全分別も進んでおらず、結局どこかで大量に野焼きされるか、そこらへんにポイ捨てされるか、自分の見えない場所で環境破壊をしているのです。

使わなければ済む事なのに!と正論を言っても、今ある大量のゴミ、増え続けているゴミの解決にはなりません。それなら人がそれを再利用する事は、例え健康被害があっても自分達の責任を自分達で取っている事になると思ったのです。

 

正直自分がプラスチックゴミの上に家を建てる勇気はありません。ですから極力プラスチックゴミの出ない生活を心がけてはいます。でもやっぱりゼロにする事は不可能で、それならみんながしている様に町のゴミ箱には捨てずに、露天風呂を沸かした時、一緒に燃やしています。

便利かどうかは考えず、本当に必要かを考える様にしたら、欲しいものが無くなりました。

それでも私の生活は、自然にとって有害な物に溢れています。贅沢で便利で、そうかと言ってあまり利用していない物に囲まれています。

この世界を卒業する時、残った人が処分に困らない様に、私を守ってくれた自然達が困らない様に、この先どんどん自分の物を整理していく覚悟です。逝ってしまったワンコや猫達の様に温かい優しい思いだけを残していきたいです。

 

山火事は油断はできませんが、なんとかコントロールできたようです。消火されたというより、燃えるものがなくなったと言う方が正しい気がします。

燃えたのは8000ヘクタールとか10000ヘクタールとか報道されています。大体横須賀市の殆どが燃えてしまった計算です。

暑い夏は今までもあったけど、今年の様にカラカラの強烈に暑い夏は初めてです。

 

 

 

f:id:nojomallin:20210222044958j:plain

この明かりとりは気に入っています

 

雨を待つ日々

もう1ヶ月近く山が燃えています。

2000ヘクタール灰になりました。

今朝農場で、降った灰をパラパラと見つけました。

 

エルボルソンの町から約25km北の村で山火事は始まりました。ブエノスでニュースになったのか、友人が心配して様子を尋ねてきました。恥ずかしい話、数日バタバタと忙しくラジオを聞かなかったので、山火事のことを友人を通じて初めて知りました。ヘリコプターの音が聞こえていて変だなあとは思っていましたが、その時はそのくらい影響がありませんでした。

 

連絡を貰った翌日小雨が降り、これで火事も治るだろうと軽く考えていました。

ところが火の勢いは予想以上に強く、たった半日の雨では鎮火されませんでした。

そして強風に煽られ、みるみるうちに燃え広がり、風下のボルソンの町の方へ移動してきました。この頃には一日中ヘリコプターの音が響き、人の話題も火事の事が一番になりました。

町へ行くと、快晴なのに北東にそびえるPiltriquitrón という2000m級の山が煙で霞んでいました。

日中の気温がここ数日36、37℃と言うパタゴニアでは考えられない高温になりました。けれども湿気が全く無く、炎天下では燃えるように暑くても木陰に長時間いると肌寒いと感じるのです。

山火事の影響でしょうか。

 

火は意図的にかもしれませんが、山を挟んでボルソンの町の裏へ進みました。町から炎は見えませんが、山の反対側では激しく燃えています。

多くの人がボランティアで山に向かい消化活動をしています。政府の援助など当てにせず、個人個人が、自分に出来る最大限の事をしています。

それでも治まる気配はありません。

天気予報も来週の土曜日までは快晴。日曜日に雨マークはありますが、翌日月曜には晴れになっています。

 

アサード(アルゼンチンの炭焼き焼肉)の不完全な後始末が原因のようです。これだけ乾燥した空気と雨のない旱魃の夏に、山に入って焚き火でアサードをする人が後を絶ちません。本当にうんざりします。

人はどこまで利己的で傲慢なんでしょうか。こんな人間とうまく折り合って、寛大で、優しくて、支えてくれる自然や生き物達が、耐えきれずに悲鳴をあげています。

 

私は現場に赴いて消化活動をすることは出来ません。でも不足している飲料水や家畜達の食べ物や燃料や地面が熱くて焼けてしまう靴の補給の援助はできます。

心から鎮火を願うことは出来ます。

犠牲になった木や生き物、全ての命に敬意を払い祈ることは出来ます。

 

人が生きるためにこの地球があるのでは無いと思っています。

 

 

 

 

 

 

f:id:nojomallin:20210208024731j:plain

これは一週間前の写真です。

f:id:nojomallin:20210208025025j:plain

現在はもっと煙が酷く、咳が出ると町から来た人が言っていました。