時子のパタゴニア便り

1994年パタゴニア アンデス山脈の麓の村の5’5ヘクタールの土地に移住。ささやかな自然との暮らしの中で感じた事を書いていきます。

はじめてのイベント

命あるものは必ず終わりが来ると分かっていても、それはまだ自分には関係ないと思っていました。でも去年還暦を迎えてから、自分のこの世界での終わりを実感するようになりました。

 

パタゴニアへ来て29年。夢のように過ぎたけど、同じ長さの時間をこの先とても過ごせないと思うと、あっという間にこの世界の卒業が来てしまうと実感しました。そうしたら、嫌な思い、悲しい思い、辛い思いを残さずに、温かい思いだけを残したいと強く感じ、心がとても穏やかになりました。

何が出来るのか?きっと何も出来ないけど、近くにいる人や動物、自然が喜ぶ事をすれば良いんだと思ったのです。

 

ありがとう農場と名付けた此処を、この先愛し大切に育んでくれる人に巡り会う為に、農場を開放していきたいと思いました。

不思議なもので、一人では何も出来ないけれど、助けてくれる仲間がその都度現れました。

何かイベントをしようか?と仲間と話し合い、新年の餅つき、書き初めイベントを企画実行しました。

特別宣伝はせずに、日系グループと友人にだけ声をかけました。夏の稼ぎ時。忙しいみんなが来てくれるか不安でしたが、定員の14人があっという間に埋まりました。

2週間前にはスタッフとして手伝ってくれる人だけで、餅つきをし、具体的に計画を練りました。

 

駐車場作りから会場設定まで、みんなが本当に丁寧に行動してくれました。

当日私は料理作りで忙しく挨拶だけして家に引っ込んでいましたが、餅つきや書き初めの説明、だるまの折り紙、浴衣の着付けと、スッタフが責任分担して盛り上げ事を運んでいってくれました。

ボランティアさんがInstagramを作って紹介してくれています。短いですが雰囲気は伝わるんじゃないかと思いますので、是非ご覧ください。

https://www.instagram.com/chacraarigatou/

仲間たち

 

お断りした人もいたので29日に2回目のイベントをします。前回の反省点を生かしより充実したイベントにしたいとみんなで張り切っています。

そして2月の終わりには、味噌と梅干し作りのワークショップを計画しています。

出来る事を出来るうちに心を込めてやっていきます。

 

イベントの前日の午後、大将と悟りをリードで散歩していたら、突然野うさぎが横切り、興奮した彼らが急に走り出しました。

突然の事で声を出す間も無く引っ張られ、下り坂だったので見事に転びました。悪い事に石だらけの道。直ぐにリードを離せば良かったのに、リード付きで逃げた彼らがどこかに引っかかって戻れなくなったらどうしようという思いが強く、最後の最後まで握っていたのも間違いでした。

顔の左側をぶつけ、左肘と右の脛を思いっきり擦りむきました。

鼻血を出し、唸りながらしばらく倒れていましたが、わんこ達は我知らずと走って行ってしまいました。怪我をしたことよりもそのことの方がショックで悲しかったです。

歯が折れなかったのは不幸中の幸いでした。足を引きずりながら家へ帰ると、わんこ達は「どうしたの?」とでも言いたげに、家の前で待っていました。

半世紀ぶりに膝小僧に大きなかさぶたが出来ました。

顔の傷を見て驚く人、心配する人、見て見ぬ振りをする人と色々でしたが、私が笑いながら状況説明すると、その状況を想像して一緒に笑ってくれる人もいて、心配されるよりずっと嬉しかったです。(私だってYouTubeで犬に引っ張られすっ転ぶ人を笑って見ていましたから)

でも転ばないように細心の注意を払っていこうと思いました。

 

転んでも笑って起き上がるがモットーの私の良い実体験になりました。

これから先も何度転んでも笑いながら立ち上がっていきたいと思います。

作ってもらったチラシ

 

新年に思う事

2023年が始まりました

パタゴニアは強風が吹き荒れる暑い新年を迎えました。毎年クリスマスイブと大晦日に聞こえる爆竹音と大騒ぎが、今年はありませんでした。インフレで騒ぎが年々小さくなっていましたが、全く聞こえなかったのは初めての事です。

以前は10月頃から年末の大騒ぎが憂鬱でした。当夜は怯える犬達を落ち着かせながら大騒ぎを憎々しく思っていました。ですから私にとっては思いがけない幸せな年の始まりでした。

でも、騒げない経済状態になってしまったことの方が問題なんですけど。

 

アルゼンチンはクリスマスから2月まで夏季休暇で、殆どの人が1週間から1ヶ月の夏休みを取り旅行します。借金してでもバカシオンに行くというお国柄。今年は海外に行く人も多いですし、エルボルソンにやってくる人も多いです。

当然日本語教室もお休みにしました。豆腐の卸は変わらずにあったので、今まで授業に当てていて時間が空きました。それで観光客気分で町の中心を歩き、中央にある広場の人工池にかかった立派な橋を渡ってみました。

橋の欄干に鍵がたくさんぶら下がっています。

「何なのこれ?」と思った私の年齢が分かってしまいます。

これは恋人達が橋の欄干に南京錠をつけて鍵を川に捨て、永遠の愛を誓うと言うフランスの真似をした儀式?だそうです。

盛り上がっている時はいいけれど、一体何組のカップルがこの鍵の思い出を大切にずっと育んでいくんだろう?と夢のないおばさんは考えてしまいました。

日本語の若い女の生徒さんが、鍵の重みで欄干が壊れてしまったり、別れたカップルの片割れが南京錠を壊しに来たりすると教えてくれました。やっぱりね…

でも今までにはなかった町の風物詩です。

 

そしてもっと驚いたのは郵便局の横、町の真ん中に赤い電話ボックスができたことです。

自動販売機やコイン電話ボックスなど、すぐに壊されお金を取られるので、恐らくアルゼンチンのどこにも無人販売機なんてないでしょう。私は常々自動販売機ほどエネルギーの無駄使い、ごみを増やすだけの無駄な物はないと思っていましたから、理由は別にしてもアルゼンチンの自販機のない風景は気持ちが良いです。それが突如としてこのご時世に電話ボックスが現れたことに驚きました。ところが、よく見ると、中には本や雑誌が置いてあります。

私が行った時はしっかり鍵がかけられていましたが、これは誰もが自由に中の本を読むことが出来るボックスなのだそうです。日本のように充実した図書館がなく、町の図書館も本は全て寄付です。時々公園などで机に古本を並べて売っていますが、結構人が立ち止まっています。ですからこういう形で自由に読める本があることに、喜んでいる人も多いでしょう。

私は良いなあ、良い風景だなと思いました。そしてこういうボックスを置くことが出来る環境の町である事を嬉しく思いました。

若い頃はアルゼンチンに不満もありましたが、今では年々アルゼンチンが、今いる場所が、今の自分が好きになっています。

今まで私は数え切れないくらいの人たちに助けてもらって来ました。当時は気づけなかった恩も今になって分かります。恩返しなんてとてもとても出来ません。したくても、もう出来ない人の数も増えています。申し訳ない。有難い。そうもどかしく思っていた時、恩送りという言葉に出会いました。

恩は返すものじゃなくって、次に送っていくものなんだと。

だからこれからは受け取った恩を、私に出来る形で次に送っていこうと決めました。私が受け取った恩の何十分の1かでも送って残して行けるようにしていきます。

今年の、これからの私の目標です。

 

https://www.instagram.com/chacraarigatou/

可愛い電話ボックス

 

さくらんぼ

甘くってプリプリ

我が家さくらんぼの木




子供の頃、誕生日とかの特別な日に食べられた蜜豆缶詰。僅かに入っているさくらんぼがとても楽しみでした。

私が子供の頃(とっても昔ですが)、みかんや葡萄のように、さくらんぼが近所のスーパに売っていることはありませんでした。高級な果物だった気がします。

 

パタゴニアに来て、農場にさくらんぼの木を見つけた時は、本当に実がなるのかなあ?と半信半疑でした。

ところが、この土壌と気候が余程さくらんぼには合うのか、木がどんどん成長して落ちた種や鳥が運んだ種から芽を出し、農場にはさくらんぼの木が増えていきました。

ただ剪定も何もしないので、見上げるほどの大木になって年々収穫が大変になっています。

今より若い頃は、さくらんぼが赤く色付くと、梯子を持ち出して実を採り、採った先から口に放り込んでいました。

缶詰とは違い、プリプリ歯ごたえがあって、甘くて、何時もお腹を壊すくらい食べ続けていました。

最近は平衡感覚が失われ梯子に乗れなくなったので、手で届く範囲しか食べられなくなっていました。今年は更に木が成長して、遂に手の届く枝が無くなりました。でも幸い目も悪くなって屋根より高い枝の実があってもよく見えず、ああ、食べたい!と言う衝動に駆られずにすんでいます。

「今年はさくらんぼは食べられないな、果物は果糖が多いから私みたいに見境なく食べる人には返って糖分の取りすぎになるから、丁度いいや」と諦めていたのですが、豆腐を届けに行った友人が、今から山にさくらんぼの収穫に行くから一緒に行こうと誘ってくれました。

それで彼の山に行って来ました。

彼も別に栽培しているわけではなく、種から育った木が大きくなって実をつけた自然のさくらんぼです。

藪になっているので収穫は大変でしたが、わんさかとれました。久しぶりに胃の中がさくらんぼでいっぱいと言う感覚を味わいました。

生食で毎朝食べ、1キロは発酵ジュースにし、もう1キロは種を取って冷凍しました。

先日、1月に予定している新年イベント、餅つき大会の予行演習を友人達とした時、バナナとさくらんぼのアイスクリームを出したら大好評でした。

まだまだあるから採りに来てと言われましたが、私はジャムは食べないし、ボランティア用に作るのも種取りとか面倒だったので折角の誘いでしたがやめました。

 

子供の頃は、こんな贅沢が出来るなんて想像もしていませんでした。

種は全て農場に蒔きました。

私がこのさくらんぼの実を食べることは出来ませんが、いつか誰かが、たわわに実っているさくらんぼを見て喜んで、お腹を壊すくらい思いっきり食べている情景を思うと、なんだか心がホクホクします。

心が暖かく幸せになる物を沢山残していきたいです。

 

日系のボランティアが農場のインスタグラムを作ってくれました。

秋まで彼女は居てくれるので、その間にネット音痴の私も、教えてもらってずっと継続していけるようにします。

是非ご覧になってください。

https://www.instagram.com/chacraarigatou/

カエルの歌が聞こえてくるよ〜

ただただ、「そうだと良いなあ。」「あったら良いなあ。」と思うだけのもの。

絶対ありえない事で、実現しようとか、手に入れようとか想像もしないもの。

私にとっては、カエルの声をパタゴニアで聞く事や、カエルの姿を見る事がそうでした。

日本の実家は私が子供の頃は周りは田んぼで、ため池があちこちにありました。夏にはカエルの大合唱があって、姿を見た事はあまり無いけど、低音のちょっと不気味なウシガエルの声が特に好きでした。

エルボルソンの町や隣町にはカエルがいると聞いて正直驚きましたが、そこより標高が100m以上高い我が家では、池もないし水路の水は冷たすぎるし、カエルが住む事は想像もできませんでした。

ところが、同じマジン地区の友人がため池を作ったら、あっという間にカエルが住み着いて卵を産んだと言うのです。

 

「私も池が作りたい!」

声にした途端事態が動き始めました。友人が池を作ってくれたのです。

友人と言っても私の子供の年齢で、力も行動力もありました。

水草水芭蕉、おたまじゃくしを運んできてくれたのです。周りの飾る石も探して持って来てくれました。

 

我が家にカエル池が出来た! 小さな小さなおたまじゃくしが泳いでいる!

あまりに小さすぎて、目を凝らしてみないと見つけられませんが、この子たちに足が生え、手が生え、尻尾がなくなりカエルになって歌ってくれる日がやってくると思うと、嬉しくて楽しみで仕方ありません。こんな小さな体でどんな歌を聞かせてくれるんだろう。

夕方、犬たちと遊んだあと、池の隅に腹ばいになって目を凝らしてオタマちゃんを探すのが日課になりました。

 

家族が増えた

仲間が増えた

命が輝いている

 

今ここにいる私を大切にしていきたいです

 

夕日に映えるカエル池

 

再会で気付いた思い

時間が駆け足で過ぎていきます。その速度が年々速くなっていると感じます。

だから、これからどうしよう…と不安になる暇がありません。どうしようと思っていても、それをどうにか解決して「なあんだ。悩む事なんて無かった。こんな解決法もあったんだ。」と感心している自分に気づきます。

11月のパタゴニアは、晴れると20度を越す夏日。曇りや雨になると5度前後でストーブが必要なくらい気温が下がります。

風の季節で、最近危なくて外で火を燃やせず、露天風呂に入っていません。

 

冬の終わりに 知り合いの日系鍼灸師さんの成人した息子さんに、日本語を勉強したいと頼まれて家庭教師を引き受けました。

ここ数年会っていませんでしたが、私は彼が生まれた時から知っていて、人見知りでお母さん以外の人が近づくだけで大泣きしていた子が、しっかりした若者になっていて感慨深く、自分の時間の流れとは違う子供の時間の流れの速さを感じました。

 

週一回お母さんの診療室の中のサロンで授業をすることになりました。そして何回か通ううちに季節は春になり、街には花が咲き始めました。

ある日サロンへ行くと、テーブルに水仙が飾ってありました。

花の美しさよりも花瓶に目がいき、ホアホアととても暖かい嬉しい気持ちになりました。

この花瓶、数年前に私が作り焼いたものだったのです。

 

私の焼き物のこだわりは、自分の農場から採取した粘土で作陶し、農場の木の灰から作った釉薬を塗り、農場の松で農場内の穴窯(と呼ぶのは恥ずかしいくらい小さな窯)で焼く、農場の焼き物を作る事です。

農場の粘土は1010℃で歪み溶け始めるとても耐火温度の低いものです。焼き締めない限り、水漏れがして食器には向きません。ですから水を入れ続ける花瓶は作ったことがありませんでした。

でも鍼灸師の友人に、漢字の入った花瓶が欲しいと頼まれ、私なんかに注文してくれた事が嬉しく、何度も失敗しながらなんとか水漏れしない物を焼き上げました。

でも正直満足とは程遠い出来で、恥ずかしい気持ちで渡したことを覚えています。

 

あれから10年近く。

諸事情で焼き物から遠ざかったせわしい暮らしをしていました。そして花瓶のこともすっかり忘れていました。

それが突然、私の目の前に現れてくれたのです。

 

あの時、恥ずかしい気持ちで渡したけど、何年もこうして花を引き立て部屋を明るくしてくれていたんだと気付くと、自信を持って渡さずにごめんなさいと思いました。

ここにもこうして、農場から生まれた子が生き続けているんだと誇らしい気持ちで一杯になりました。

もう轆轤を回す事が体力的に難しくなってしまったけれど、今の私でも出来ることを、心を込めて作っていきたいと改めて思いました。

 

家の横のスイカズラの花が満開です。

とても良い香りです。特に朝は香りが強く、玄関を出ると身体中が香りに包まれ、あまりにも気持ち良くて暫く動けません。

ロサモスケータの花も咲き始めています。暑い夏がやって来ます。

 

 

 

 

 

 

花の文字が幼稚で良いですよね?

香りをお届け出来ないのが残念です

 

エルボルソンの信号機

2022年も残すところ2ヶ月。

エルボルソンの町には観光客が増えてきました。週末や午後は町にいませんから、本当の観光地の賑わいは知りませんが、豆腐の卸などで朝町に行くだけで人と車の多さにどっと疲れてしまいます。

これから年末年始に向かってどんどん人も車も増え、国道沿いには等間隔でヒッチハイクの若者が親指を立てて並びます。夏の風物詩です。

 

以前は学校の登下校時間には、道路に交通整理のお巡りさんが立ち、手信号で車を止め児童を横断させていました。ところが交通量が劇的に増え事故も多くなったため、メイン通りに信号機が付きました。信号機のないのどかな町が好きだったので最初はがっかりしましたが、車を多少ぶつけても平気な強引なドライバーが多く、神経質で反射神経、判断力の鈍い私には、信号機は有難い存在だと分かりました。

ここは自分の従う信号機以外は見えない様になっています。でも青になったら直ぐに発進できるように、赤から一度黄色に変わります。

黄色は「注意」と、もう一つ「発進の準備をしろ」の意味があるのです。

そして最近別の場所に新しく信号機が設置されました。

その信号機が楽しいのです。

赤と青の時に数字が表示され、残り時間が後どれくらいか分かるのです。

具体的に待ち時間が表示されると、気分的に落ち着くから不思議です。これはまさしくこの信号機を発案した人の心理作戦に乗せられていると思います。

つまり私は簡単に洗脳されてしまう人種と言うことです。

 

年とともに判断力が鈍り、目も悪くなっています。本当は私の様な者は運転しないほうがいいのですが、家から町まで山道が16km。注文の豆腐を担いで歩く元気もヒッチハイクする元気もありませんし、ハイヤーを契約できるほど裕福でもありません。

家で私を信じて待っている犬達を思うと、絶対に無理せず、無茶せず安全運転で無事故で帰ろうと身が引き締まります。

 

今こうして自分の心のままに生活できる環境になって、自分に自信がついて、自分をどんどん好きになれて、感謝できることばかりがあって、不安や不満が無くなって、人生は面白いと思えるようになりました。

10年、私らしく生活してみようと思います。

10年後、ああ、濃い10年だった。暖かい思いをたくさん残せた。私の愛したものがこれからも愛され続ける。そう笑っていられる自分いようと思います。

 

農場プロジェクト。

バイオトイレが完成して、ボランティア達が使っています。今のところ問題なしです。

堆肥捨て場も作りました。有機物を発酵させ、畑に還元していこうと思います。

今はカエル池を作っています。終わったら排水の浄化設備を作る予定です。

味噌用大豆煮やジャム作り用の外窯も予定しています。

そして10年内には誰もが気軽に利用できる道場を作ります。最後に叶えたい私の大きな希望と夢です。

信号待ちも楽しいです

 

10月の桜の花見

パタゴニアで花見をしました

 

私の住むエルボルソン市には、街の中心地に八重桜が植わっています。

40年くらい前にアルゼンチン人と結婚、最初の日本人移住者の女性が楓と共に移植したそうです。

毎年毎年見事な花を咲かせ、街の春の名所になっています。

日系人会が四年前に発足しました。

日本からの移住者は私を含め5人だけですが、三世、四世、五世の日系人を含め60人近くの大所帯です。

発足時集会がありましたが、ええ~!こんなに日系人がいたの?ととても驚きました。

日本語を話せる人は日本人以外ほとんど居ませんし、日本人はひいおじんさんだけという、どこから見ても日本人に見えない日系人の子供もいます。

また生粋のアルゼンチンだけど、日本大好きという人も数人会員として参加しています。

みんなが日本や出身地を背負っている訳ではなく、ただ日系人であることが自慢、日本が好きという人たちの集まりなので、とても和気藹々と楽しんでいます。

コロナで中断していた花見も再開しました。

日本の文化習慣をここでも楽しみたいという趣旨でした。

海苔巻きやどら焼き、お饅頭を作り持ってきた人もいます。私は初めて参加し、味噌クッキーを作って持っていきましたが、これって、私が勝手に作っているだけで、日本を代表するお菓子でもなんでも無いですよね…。

簡単な折り紙と習字のワークショップをし、私は日本から持参した習字道具を持って行きました。デモストレーションは7年間ブエノスで日本の先生から学んだアルゼンチン人女性が引き受けてくれました。

 

ブエノスアイレス州では盆踊りや文化祭など、多くの人が集まる一大イベントとなっていますが、わが町ではこじんまりとした可愛い花見でした。

 

最高齢93歳、移住70年の日本人移住者の女性は、日の丸の国旗を見て「アルゼンチンが好きだけど、日の丸を見ると涙が出てくるのは、やっぱり日本人だからだね」と涙ぐんでいました。

 

私は味噌や豆腐を作って売ったり、日本語を教えていて、何も日本的なことは知らないくせに、日本人である事を最大限に利用して生活しています。

ネットで簡単に日本の情報がわかる時代ですが、私の言うことが日本を代表しているみたいに受け取られてしまう事もあって、もっと日本について学ばなきゃと反省する日々です。

 

正直日本に住みたいとは思いませんが、日本へは観光旅行したいと思っています。

2024年の春に日本へ行って花見がしたいです。

自分の年齢や体調を考えると、最後の日本旅行になるかもしれないので、夢に終わらず実現したいです。いえいえ、したいじゃなく実現させます。

 

10月も終わりに近づきました。

慌ただしい毎日で、がっかりしたりイライラしたりする事もありますが、それを笑いに変える事も覚えました。

人生楽しんで笑って過ごしていこうと思います。

 

 

桜の下で記念撮影