時子のパタゴニア便り

1994年パタゴニア アンデス山脈の麓の村の5’5ヘクタールの土地に移住。ささやかな自然との暮らしの中で感じた事を書いていきます。

前へ進むと言うことは色んなことがあって面白うな

9月21日 はアルゼンチンでは春の日です。そして同時に学生の日でもあります。

この日は学校はお休みで、学生達は公園や広場、湖などに集まってマテ茶を回し飲みしながら騒ぎます。最近は親子でのマテ茶の習慣が無くなってきていますが、この日にマテ茶デビューする子も多くいます。

私には無縁な日ですが、今年は先住民マプーチェの血を引く男の子(15歳)の、日本語の個人授業の日に当たりました。我が家まで車で30分、天気のいい日は1時間半かけて歩いて来ます。いつもお母さんと年の離れたお姉さんが付き添って来ます。

学校に行っておらず、家からあまり出ないようで、それでも私の所へは週一回通って来てくれます。初めはあまり話さなかったけれど、今では家でネットで調べた事や、興味のある歴史の事なんかを話してくれます。私のスペイン語能力では彼の話が聞き取れず、ちんぷんかんぷんな会話になる時もありますが、それはそれで楽しいです。学生の日の記念に、私が作ったトトロのお線香立ての焼き物をプレゼントしたら、お母さんも彼もこちらが恐縮する程喜んでくれました。

彼の大切な人生の一部に私が重る事が出来たのだから、これからも彼の心に残るような時間を過ごしたいと思っています。

ところで、その彼が一冊の教科書を持ってきました。

自然科学と社会科学の小学校の本です。多分20年くらい前の本で、伯父さんからもらったと言っていました。

見せてもらって度肝を抜きました。1冊で2冊の価値があるみたいな…。

社会科学を読んだ後、ひっくり返すと自然科学の本に早変わりです。こんな面白い本、初めて見ました。アルゼンチンではよくあるのかと思って、アルゼンチン人の友人に写真を見せたら、「初めて見た。面白いねえ。」と私同様驚いていました。

この国では公立は幼稚園から大学まで完全無料です。ですから個人に教科書配布はありません。

私立の学校に通っている場合は、学校指定の教科書を買うようです。この本も伯父さんが使っていた教科書なんでしょう。

私個人は学校へ行く義務は全然感じていません。私自身学校は好きではありませんでした。でも私の時代は病気以外で学校を休むのは罪悪という風潮で、管理教育の世界の中でがんじがらみに縛られていた気がします。

今でも付き合える友人に出会えたり、体育や音楽、美術などいろんな経験が出来たり悪いことばかりではありませんが、死ねたらいいのにと思った時期や今でも許せない先生がいるのも事実です。

だから日本語に興味を持って私の所に来てくれる子がいたら、大切にその気持ちを受け止めたいと思っています。それは私という人間を大きく成長させてくれる掛け替えのない存在でもあります。

 

さてさて今年もボランティア受け入れの時期が始まります。でもボランティア用にする家にはトイレが無く、今ある簡易バイトトイレは普通の人には可也り衝撃的なようで、新しく作ることにしました。ありがとう農場プロジェクトを一緒に始めようと思っていた1人が、ここをコミュニティにしたいと言う希望があり、私とは意見が合わずに抜けましたが、バイオトイレ作りだけは協力してくれることになりました。そこで最初の受け入れの来月7日までには完成させようと友人にも協力を頼んで悪天候の中始めました。

それぞれが自分の仕事もあり日曜日にしか集まれませんが、少しづつ形になってきています。

基礎作りと柱はたちました。これから壁をはり、屋根をつけ、一番大切な便座を作ります。そしてある程度バケツに溜めた物を捨て発酵させる箱も別の場所に作ります。

またご報告します。

今年はどんな出会いがあるのか楽しみです。

貴重な教科書

柱が立ちました